借金の返済義務にも時効があるの?

消費者金融からお金を借りる時に返済するつもりがなくて借りる方はいないと思います。
『借りた』お金は『返す』気持ちで借り入れたと思いますが、生活環境の変化(仕事・病気など)で、どうしても返済が出来なくなってしまう方も大勢います。
では、消費者金融から借りたお金を返済しないと、どうなるのでしょうか?
実は消費者金融の借入には「時効」があるのです。

時効とは

借金の返済義務にも時効がある

「商法」という法律が適用されています。

消費者金融の融資には、「商法」という法律が適用されています。
商法には「債権は5年で行使しないと時効で消滅する」という条項があります。
(個人の貸し借りや信金などの場合は10年)
消費者金融でお金を借りても、5年間返済しないでいると時効となり、借金は消滅します。

借金を5年間返済しなければ時効なの!

債務整理おすすめ法律事務所

実は俺!5年以上返済してないから時効だ!

ラッキー!っと思っちゃいましたか?
実は時効が成立するのには様々な条件があり、そう簡単に「時効が成立」するような消費者金融の取り立ても甘くはありません。

  • 時効は最後に返済した日から5年間と計算します。
  • 途中で少しでもお金を返済すると、時効が延びてしまいます。

  • 時効の中断があれば5年間経過しても時効にならない。
  • 法的手続きが行われると時効が中断します。
    (消費者金融から内容証明郵便による借金の催促が来たり、裁判所への差押え・仮差押え・仮処分の申し立てなど)

  • 借金をしていると認めると時効が中断します。
  • 内容証明郵便による借金の催促が来た時に消費者金融と連絡を取り、「少し待って貰えれば支払えると思います。」など、支払う意思を伝えると時効が中断します。

  • 時効の日が来ても手続きをしないと時効にならない。
  • 例え5年間が過ぎても、援用という手続きをしなければ時効は成立しません。
    援用とは、『配達証明付の内容証明郵便で時効援用通知書』を消費者金融に送付することです。


以上の様に、最終返済日から5年が経過し、内容証明郵便が送られて来なかったり、裁判所から差し押さえなどの郵便が来なかったりと、様々な条件があります。
しかも、5年経過する前に債権が「債権回収専門会社」売られたりして、今まで以上の取り立てが始まります。

借金返済義務の時効の結論

任意整理に強い弁護士

時効成立は極めて難しい

消費者金融も貸し倒れを防ぐ様々な手段を用意しています。
社内や社外に回収専門の弁護士もいるでしょうから、個人的に消費者金融から逃れようと思っても無理だと思います。
仮に5年間逃げられたとしても、『配達証明付の内容証明郵便で時効援用通知書』なんか作成出来ませんよね。

消費者金融も金貸しの専門家です。
あなたが万が一、支払い能力が無くなってしまったら、
債務整理に強い弁護士に今すぐ相談した方が早く借金問題が解決します。

債務整理に強い弁護士に相談する時の注意事項

  • ※個人間の借金、税金滞納のご相談はお受けできません。
  • ※すでに法テラスや他事務所に依頼中の方のご相談はお受けできません。
  • ※債務整理には本人確認が必要なために本人以外からのご相談では解決できません。

1日も早く辛く苦しい生活から抜け出しましょう!
一歩踏み出すのは怖いと思います。しかし、一生怯えて生活出来ますか?
今すぐ!債務整理に強い弁護士に相談しましょう!
私の経験から言っても『なんでもっと早く一歩踏み出せなかったんだろう』と後悔します。

↓↓↓相談はコチラ!↓↓↓


債務整理のご相談なら、そうや法律事務所。債務整理の無料相談ならそうや法律事務所がおすすめ!借金問題でお悩みの方、債務整理はそうや法律事務所にお任せください。そうや法律事務所では借金問題に特化してご相談を受け付けております。借金問題解決実績豊富な弁護士が最適な解決結果をご提供します。お気軽にご相談ください。