任意整理とは

任意整理とは、貸金業者(消費者金融他)と直接交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らすことで、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。
弁護士が代理人の場合、依頼者の方と毎月支払いに回せる金額について協議し、貸金業者(消費者金融他)と和解交渉をしていきます。
和解交渉は、自己破産や個人再生などのように裁判所を通す手続きではなく、利息制限法の利率で計算し直した負債額について、貸金業者(消費者金融他)と、利息のカットや分割回数について交渉し、今後の返済計画を話し合いで決めていきます。
任意整理をする場合には、まず原則として、安定した収入があることが必要です。
また、収入から、必要生活費を差し引いた金額(可処分所得)の中で返済を行なっていくため、この可処分所得を充分に確保できることが好ましいです。

  • ◆安定した収入があること。
  • ◆原則3~5年間で返済できる見込みがあること。
  • ◆今後も返済を継続していく意思があること。

以上が最低限の条件になります。

あなたの借金がどれくらい減額されるのか?
債務整理の改善方法を無料診断してみませんか!


【匿名で無料の借金診断申込み方法詳細】

任意整理のメリット・デメリット

任意整理に強い弁護士

任意整理のメリット

  • ◆貸金業者(消費者金融他)の支払い督促が止まります。
  • ◆任意整理は家族や知人にバレないです。
  • ◆資格制限(職業制限)がありません。
  • ◆財産を維持出来ます。

任意整理のデメリット

  • ◆ローンやカードが作れなくなる期間があります。
  • ◆借入金を大幅に減額できるわけではありません。
  • ◆借金が免除されるわけではありません。
  • ◆安定した収入がないと任意整理は出来ません。
  • ◆和解できない場合もあります。

任意整理は貸金業者(消費者金融他)と直接交渉するので借金を減らし返済することを目的として手続きしますから、「支払い計画」を貸金業者(消費者金融他)と合意できないと、和解が出来ません。
支払い計画が合意できれば「返済額」も減額できますから、ゆとりを持って生活設計が立てられるようになります。

任意整理できる条件

任意整理の相談が出来る司法書士任意整理疑問ちゃん

契約書を取ってなくても、任意整理できますか?

任意整理を家族に知られず相談したい任意整理お答えくん

できます!
貸金業者(消費者金融他)は法律に従い過去の取引記録を持っています。
あなたが「いつ」「どこから」「いくらくらい」借りたのかをおおよそ把握できれば、そこから先は調査可能です。
また、借入してから長期間が経過していると、貸金業者(消費者金融他)の名前が変わっているところもありますが、過去の取引履歴の確認を取ることができます。

債務整理おすすめ法律事務所任意整理疑問ちゃん

長年滞納して一括請求をされたのですが任意整理できますか?

多重債務を家族に内緒で電話相談任意整理お答えくん

できます!
ただし、不利な条件での和解の可能性があります。
利息制限法を超えて支払った部分については減額ができます。
また、一括請求されている債務(借金)について、分割の交渉をすることも可能です。
ただし、元金のほかに損害金も含めた金額の支払いを請求されるなど、不利な条件での和解という可能性があります。

借金問題を弁護士と電話無料相談任意整理疑問ちゃん

任意整理って何度もできるんですか?

債務整理相談おすすめ弁護士任意整理お答えくん

できます!
任意整理は裁判手続きではないので、任意整理の回数を制限されることはありません。
ただし、何度も任意整理をすると、和解の条件が厳しくなることはあります。

多重債務を相談出来る弁護士任意整理疑問ちゃん

借りてすぐですが任意整理できますか?

債務整理を弁護士と電話無料相談任意整理お答えくん

できます!
借りたばかりでも任意整理は可能です。
ただし、今後の支払いについて利息を請求される等、不利な条件での和解という可能性が大きいです。


このように任意整理は法的な手続きではありませんから、比較的幅広い条件で貸金業者(消費者金融他)と和解交渉ができます。
利息の返済を無くして「元本」のみの返済で終わる可能性もありますから、是非検討する事をおすすめします。

任意整理に強い弁護士に相談する時の注意事項

  • ※個人間の借金、税金滞納のご相談はお受けできません。
  • ※すでに法テラスや他事務所に依頼中の方のご相談はお受けできません。
  • ※債務整理には本人確認が必要なために本人以外からのご相談では解決できません。

1日も早く辛く苦しい生活から抜け出しましょう!
一歩踏み出すのは怖いと思います。しかし、一生怯えて生活出来ますか?
今すぐ!債務整理に強い弁護士に相談しましょう!
私の経験から言っても『なんでもっと早く一歩踏み出せなかったんだろう』と後悔します。

↓↓↓相談はコチラ!↓↓↓