債務整理に強い弁護士に今すぐ相談する理由

私が債務整理に強い弁護士に相談した経緯

借金で悩んでいた私

まず、私の話を聞いて下さい。
私は約25年前に独立して起業しました。
起業後5年は順調に売上を伸ばし、35年ローンを組んで夢の一戸建ても手に入れる事が出来ました。
しかし、その後、関連企業の業績不振により売上が伸び悩み仕入先に支払いを済ますと、住宅ローンや生活費までお金が回らなくなりました。
当初は貯金を切り崩し生計を立てていましたが、そう長くは続くものでもなく、程無く『消費者金融』に手を付けてしまったのです。
「家族にお金の心配を掛けないように!生活費は今まで通り入れて!」そんな気持ちが借入に走らせました。
『なんで、会社経営してたのに銀行から借りなかったの?』と思われるかも知れませんが、その当時、銀行も決算書類のチェックが厳しくなり「貸し渋り」の状態でした。
消費者金融A社から「50万円」を借入、生活費と仕入先の支払いに回し、「来月は営業先を増やして返済しよう!」と思っていたのですが、そう簡単なものではありませんでした。
消費者金融A社に2ヵ月目の返済に行った時の事です。
『お客様は持ち家でいらっしゃいますから、追加融資50万円出来ますよ。』と言われて、また50万円の借金を増やしました。
借入の金額が増えれば当然、翌月の返済額も増えて来ます。
『返済額が増えても』『商売の売上は下がり続け』とうとう、消費者金融B社に手を付けてしまいました。
この『目先の金欲しさ』で消費者金融を渡り歩き最後は8社の消費者金融から借入していました。
※当時は【総量規制】がありませんでした。それと【持ち家】という事で消費者金融から断られる事もありませんでした。
そして、気が付けば消費者金融からの借入額は700万円を超えていました。
そうです。完全に消費者金融から借金する怖さが麻痺していたのです。
借りては返済・借りては返済の『自転車操業』も長くは続かず返済能力が無くなり、消費者金融の返済だけでなく、住宅ローンや税金・保険まで支払う事が出来なくなりました。

ここまでで、私が犯した過ち

  • 消費者金融から借入しても翌月に完済出来ると思い込んだ。
  • 家族にお金の心配を掛けない事を優先した。
  • 目先の金欲しさで借入先を増やした。
  • 返済をする為に「自転車操業」になった。
  • お金を作る為に仕事より借入先を探す時間を優先した。

債務整理をする決断

債務整理専門の弁護士に相談

あなたはご存知ですか?
本当に怖いのは消費者金融ではなく、
『住民税・保険・年金』の公的な未納。
『ガス・水道・電気』の公共料金の未納。

督促状が一番最初に届くのが上記の未納です。
『ガス・水道・電気』の公共料金の未納の場合、供給を止められますよね。
これ!最優先に支払わないと生活が出来なくなっちゃいます。
次に公的な未納分の督促状が毎月送られて来たり電話が掛かって来ます。
しかも、最近テレビでも放送されてますが、公的未納の債権回収は強制権があり自宅に踏み込まれてしまいます。
ですから、上記の未納分は先に支払わないと本当に生活が出来なくなります。
私の場合、自営業ですから「都民税・法人税・国民健康保険・国民年金」です。
※お勤めの方は、お給料から天引きされるので「公的未納」は無いかと思います。

私の場合、消費者金融の督促は、返済が2ヵ月遅れてから始まりました。
最初は督促状が送付されてきて、その後、電話、取り立てに家に来る。
こんな感じで、返済滞納が続くに連れて頻繁に督促状や電話・取り立ての回数が増えていき、当然、家族にバレてしまいました。

多重債務で家族離散
この頃から夫婦仲が悪くなり家に帰るのが苦痛になり始めました。
子供も強面の知らない人が毎日、取り立てに来る恐怖を感じていました。
そして・・・
  • ポストに投函される「カチャン」ていう音が怖い。
  • 「ピンポーン」と鳴るチャイムが怖い。
  • 電話が鳴るのが怖い。
  • 外出時に窓から外を覗かないと怖い。
こんな生活が続くようになりました。
これは、私だけでなく家族も同じでした。

このままでは生活再建など絶対に無理だと思い、法律の専門家に相談する決意をしました。
私が最初に調べたのが「無料で相談出来る弁護士」でした。
そして、「国が設立した相談窓口」に連絡を取りました。
  • 自宅に一番近そうな窓口に電話。
  • 自宅から近くても管轄外だと違う窓口の番号を教えてくれます。
  • 相談の日時を電話で決めます。
  • 相談日までに借入件数や金額、何時から借入してるのかを詳細にリストを作るように指示されます。
  • 当日、受付にリストを提出すると奥に居る弁護士が確認をしてから個室に呼ばれます。
  • 相談時間は約30分。30分で解決しない時は後日、残り2回・30分の相談が出来ます。

結果的に私の場合は・・・
  • 消費者金融の借入額が多過ぎる。
  • 会社経営者で銀行からの借入額が多過ぎる。
  • 住宅ローンの残高が多過ぎる。
この時の弁護士さんに言われました。
『自己破産』するにも『お金が掛かるんですよ。』
自己破産する時は裁判所に預託金を納めないと出来ません。
貴方に何百万もの預託金が用意出来ますか?

では・・・私はどうすればいいのでしょう?

『逃げてる人って沢山いますよ。』・・・
返済義務にも時効がありますから。』・・・

これで話は終わりました。30分過ぎたのです。

私に残された道は『逃げるのみ』・・・

それからの私は・・・
  • 裁判所から出頭命令が何度も
  • 毎日・何度も鳴りやまぬ電話
  • ポストには借りた覚えのない会社からの督促状
  • 家の周りには見知らぬ男
怯える日々が続き、今度は突然、マイホームが競売に掛けられ住まいを失いました。

逃げ回る日々が長くなると、消費者金融A社が債権回収専門の取り立て屋に「債権を売り」、消費者金融B社も債権回収専門の取り立て屋に「債権を売り」負のスパイラルが拡大していきました。
債権を売られる度に督促の手段も手荒になって安いアパートを転々とするようになりました。

それから、知り合いの紹介でやっと運送業社に就職をすることが出来、早朝から深夜まで働いていましたが、今度は銀行口座を差し押さえられ、少しの預金と給料日当日のタイミングだった為、全てのお金を失い、勤めていた会社にも債権回収会社から毎日、私の在籍確認の電話が入り、 役所からも未払い分の住民税を徴収する為の給与差し押さえの連絡が入り、やっとの思いで就職したのですが2ヵ月で退社する事になりました。
働き口は派遣登録して現金を日払いしてくれる仕事しか残っていませんでした。

逃げ回る日々が長期化すると
  • 債権を次々と売られ取り立ても段々悪質になる
  • 裁判所から次々に簡易書留が送られてくる
  • 持ち家の場合、競売に掛けられる
  • 銀行口座が差し押さえられる
  • 就職出来ても会社に電話が何度も入る
  • 勤め先に役所から給与差し押さえの連絡が入る
  • 引っ越しをしても直ぐに居場所を突き止められる
ここまで追い込まれてしまうと逃げ場を完全に失います。
今、私が生きていられるのは、派遣先の工事現場で知り合った私と同じ境遇だった方から紹介して貰った、弁護士さんのお蔭です。
紹介して頂いた弁護士さんに『なんでもっと早く相談しなかったんですか!』と怒られました。

債務整理に強い弁護士さんに巡り合えれば、人生をやり直すことが出来るんです。

もし、あなたが私ほど酷い状態でなくても、借金の返済に行き詰まっているなら、早急に債務整理に強い弁護士さんに相談する事をおすすめします。
今の状態を本気で改善したいなら弁護士さんに相談して下さい。

あなたの借金がどれくらい減額されるのか?
債務整理の改善方法を無料診断してみませんか!

債務整理とは

債務整理の種類と方法

私もそうでしたが一概に債務整理といっても「自分合った」方法は何か?は、わからないものです。
債務整理に強い弁護士に相談して自分に合った解決方法を早急に実行した方が良いです。
ここでは「債務整理」の種類のみ連記しますが、詳しく知りたい方は各詳細ページをご覧ください。
  • 任意整理【債権者と交渉して借金を減額】
  • 個人再生【裁判所に申し立て家を残し借金を1/5に】
  • 自己破産【財産を処分して借金をゼロに】
債務整理とは、国が認めた借金解決のための法的な手続きです。
債務(=借金)を整理(=減額したりゼロにする)ことで、あなたが新しい生活の第一歩を踏み出しやすくなるようにつくられました。
日本には、債務整理で解決できない借金問題はありません。
現在も、毎年10万人以上が債務整理によって借金問題を解決しています。
※自己破産や個人再生などの手続きは年間9~10万件程度行われています。
任意整理は裁判所を通さず、司法書士や弁護士と貸金業者の間で行う簡単な方法なので正式な件数は不明ですが、自己破産や個人再生の倍以上手続きが行われていることが予測できます。

債務整理に悩まれてる方の声

任意整理に強い弁護士

弁護士に相談するのがなぜか怖いです。

任意整理の検討中です。
借金の返済に困り、生活も危うい状態ですが、自己破産はしたくありません。
そこで、任意整理をやろうと思い立ちました。
ただ、法律なんて身近な話題でもないので弁護士に相談するのがなぜか怖いです。
依頼した場合にどれくらい払えばいいのかもわからず不安です。

債務整理おすすめ法律事務所

自己破産宣告をするにあたって

自己破産宣告をするにあたって司法書士の方と弁護士の方とで手続き費用の違い金額と法的費用は決まっているのかどうかと…
どちらも分割出来るのか不安です。
そもそも自己破産でいいのか?他の方法で立ち直ることが出来るのか?調べてもよくわかりません。
悩んでます。

個人再生評判の弁護士事務所

弁護士と司法書士のどちらに相談する?

多重債務については弁護士と司法書士のどちらに相談するのが良いのでしょうか?
借金が数社に膨らみ返済が出来なくなってしまいました。
少しでも返そうと頑張ってみましたが、全く先が見えません。
督促状や電話が掛かって来て家族にバレてしまい早く解決したいと思ってます。

債務整理で借金減額か借金ゼロ

  • 業者からの催促を最短即日ストップ
  • 最短即日で返済をストップ
  • ご家族?知人?会社にバレない対処
  • 借金ゼロの可能性有り

債務整理に強い弁護士に相談した結果

任意整理を利用

多重債務を家族に内緒で電話相談借金150万円

クレジットカードをきっかけに増えた借金150万円

借金問題を弁護士と電話無料相談任意整理で解決

◆月々の返済額を54,000円から27,000円に半減!
◆債務整理の手続き中は返済を一旦ストップ
◆利息のカットと返済期間の延長

個人再生手続きを利用

債務整理相談おすすめ弁護士借金1000万円

子どもの進学で膨らんだ消費者金融の借金1000万円

任意整理の相談が出来る司法書士個人再生手続きで解決

◆借金1000万を五分の一の200万円に減額!
◆手続き中の返済と催促は一旦ストップ
◆住宅ローンはそのままにして、マイホームは維持

少しでも思い当たる方はすぐ相談

多重債務を相談出来る弁護士パンク寸前

毎月返済のやりくりがつらく、パンク寸前です…。

個人再生を妻に内緒で電話相談債務の減額

借金の返済に余裕がなく、借りては返しを繰り返していませんか?
実際、毎月返済をしたと思ったらすぐに次の返済日がやってきて、結果いつも返済のことを考えていたというお悩みも多いです。
借金を返済しきれなくなってしまう前に、債務整理により債務の減額を金融会社と交渉し、返済の目処をたてていくことが可能です。

債務整理を弁護士と電話無料相談多重債務

正直、いくら借金してるか把握しきれていないです…。

任意整理を家族に知られず相談したい借金がゼロ

借入が長期化し、借入先が複数になるとすべてを正確に把握するのも大変になってきます。まずは無料で電話相談をいただき、現状を把握するところから始めましょう。
実際、毎月返済しているにもかかわらず、実は利息分の返済しかできておらず、借金そのものはほぼ減っていないか、むしろ増えている場合もあります。
そのような場合ですと、債務整理により金融会社に対して将来の利息をカットしたり返済期間を長くする交渉を行うことができます。
債務整理により借金の減額、場合によっては借金がゼロになる可能性もあります。

家族にバレずに債務整理したい催促の連絡が怖い

返済の催促の連絡がつらく、実は家族や会社にも借金がバレてしまっていないか不安です…。

夫に内緒で多重債務を弁護士に相談したい家族にバレない

もちろん身近な方に悩みのご相談ができればベストですが、状況が許さない場合もあると思います。とはいえ借金の返済が滞り、催促の電話や通知がきっかけで借金の問題が明るみに出てしまう事もございます。
実は債務整理を行うことで催促の連絡をストップさせることができます。
これは身近な方に余計な心配をかけない意味でも非常に大きいですし、ご本人の精神的負担もかなり軽減されるはずです。
返済についても手続きが終了するまでストップすることができるため状況を立て直すことで返済の目処を立てやすくなります。

電話相談で任意整理の相談がしたいヤバそうな通知

滞納してしまったら、裁判所や債権回収会社からヤバそうな通知が郵送されてビックリしています…。

多重債務を家族にバレずに債務整理したい催促をストップ

通知の内容を添えて、一刻も早くご相談ください。対策をしないとご自身の銀行口座を差し押さえられたり、業者が自宅に来たり、職場に催促の電話がかかってきて、周囲に借金滞納を知られたりする可能性が非常に高いです。
弁護士にご依頼頂ければ、最短即日でこのような催促はストップ可能です。
このような状況でもギリギリまだ解決方法はありますので、今すぐに弁護士にご相談ください。

自己破産を弁護士と電話無料相談手持ちの現金がない

債務整理したいけど、手持ちの現金がないです…。

債務整理の費用分割払い可能

債務整理の費用は、分割払いが可能です。初期費用はゼロで手続き着手も可能ですので、たった今まとまったお金がなくても安心してご相談ください。
また弁護士に債務整理のご依頼を頂きますと、金融会社への借金返済は一旦ストップとなります。
まずは手元に必要な生活資金を確保しながら借金の解決に取り組んでいくことが可能になります。

債務整理で借金が減額できる理由

ひとくちに債務整理といっても解決手法は複数あり、ご相談者さまの状況によって最適な解決策は異なります。

  • 任意整理
  • 将来の利息や毎月の返済額を減らしてもらえるよう交渉し、返済額の負担を減らして、完済を目指す方法です。
    債務整理の手続きの中で、1番多い解決方法です。


  • 個人再生
  • 任意整理をしても、払っていくのが難しい、完済の目処が立たないという場合に、債務総額を5分の1(最低100万円)に圧縮し、基本的に3年で支払っていく手続きです。
    住宅ローンがある場合は、住宅ローンはそのままで、それ以外の債務を圧縮することができるので、家を手放さずにすみます。


  • 自己破産
  • 借金総額が大きく、任意整理でも個人再生でも支払っていくのが難しい場合、裁判所に申し立てをし、借金返済を免除してもらう手続きです。
    裁判所に認められれば、全額借金の返済は免除されますが、一定金額以上の資産は処分される可能性があります。
    また、一定の職業にしばらく就けなくなります。

よくあるご質問

本当に相談は無料ですか?
ご相談は何度でも無料です。ご安心ください。
営業時間はありますか?
ご相談は24時間体制で受け付けておりますが、専門の相談員とのご相談は、平日9時~21時、土日祝日10時~19時までとさせて頂いております。
地方なのですが、対応して頂けますか?遠いとその分費用がかかるのでしょうか?
全国のご相談を受け付けており、地方の方からのご相談も多く頂いております。
費用に関しては、住んでいる場所に関係なく、すべて込みでご案内いたしております。
大体どれくらいの費用がかかるのかまず知りたいです。
申し訳ございませんが、ご状況や手続きの種類によって、費用は変ってまいります。
まずは無料相談にて、ご状況をお伺いさせて頂き、どのような手続きで、どれくらい借金の返済額を減らせるかご案内するとともに、費用に関しても詳しくご説明させて頂きます。
正式にご依頼頂くまでは費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
依頼するにあたって、手持ちの費用は必要でしょうか?
費用は、分割払いにも対応しておりますので、お手持ちの費用がない場合でもまずはご相談ください。
友人や家族からの借金(個人間の貸し借り)も相談すれば解決できますか?
友人やご家族など、個人間の借金は債務整理できませんので、ご相談頂いても解決できません。
よってご相談も受け付けておりません。ご了承ください。
友人や家族(他人)の借金を代理で相談することはできますか?
はい、ご相談は可能です。
ただし、ご依頼に向けてお話をすすめる場合、必ずご本人とお話させて頂く必要がございます。
たくさん借金をしたこと、返済が苦しいこと、滞納してしまっていること、相談したら、怒られるのではないかと心配です・・・
どんな状況でも、怒ったりはいたしません。ご安心ください。
借金問題はなかなか他人には相談しづらいお悩みだと思いますので、なるべくご相談者さまがお話ししやすいようなあたたかい雰囲気作りを心がけております。
解決に向けて踏み出した一歩を、我々が全力で最後までサポートできればと思っておりますので、お気軽にご相談ください。

債務整理の相談から解決までの流れ

  1. 1.お電話で無料相談

            

    ※ご相談は何回でも無料で受け付けておりますので、不安なことなどなんでもお聞かせください。

  2. 2.解決手続きのご案内

            

    お伺いした内容を元に、あなたに最適な解決手続きや費用について、弁護士よりご案内させて頂きます。
    ※ご案内した内容にご納得頂けましたら、ご契約となります。

            
  3. 3.手続き開始

    契約後、速やかに弁護士が手続きを開始いたします。
    ※手続き中の進捗は、随時ご連絡させて頂きます。

  4. 4.手続き完了・解決

    お手続きにもよりますが、大体ご依頼から手続き完了までは、3ヶ月~1年ほどかかります。
    お手続き完了後は、交渉により決まった内容で、借金の返済を再開して頂くかたちとなります。

債務整理に強い弁護士に相談する時の注意事項

  • ※個人間の借金、税金滞納のご相談はお受けできません。
  • ※すでに法テラスや他事務所に依頼中の方のご相談はお受けできません。
  • ※債務整理には本人確認が必要なために本人以外からのご相談では解決できません。

1日も早く辛く苦しい生活から抜け出しましょう!
一歩踏み出すのは怖いと思います。しかし、一生怯えて生活出来ますか?
今すぐ!債務整理に強い弁護士に相談しましょう!
私の経験から言っても『なんでもっと早く一歩踏み出せなかったんだろう』と後悔します。

↓↓↓相談はコチラ!↓↓↓


現在、日本でどれくらい借金をしている方が居ると思いますか? 1000万人以上の非常に大きな人数の方が借金をしていて、多くの方が返済に苦しんでいます。 「借りたお金はどんなに苦しくても返す」という真面目な方の多くが、誰にも相談できずに苦しんでいるのが実情です。 借金問題は、あなただけの問題ではなく社会問題化しています。 でも、よく考えて下さい。 お金を借りる時の『金利』は、銀行や消費者金融、カードローン会社の利益の為だけではありません。 貸し倒れを考慮して、『高い金利』を設定しているのです。 だから、あなた一人で悩み苦しむ事はありません。 当然、融資先の銀行や消費者金融、カードローン会社は、貸し倒れを少しでも少なくするために、あなたに厳しい取り立てをしてきますが、あなたを守り借金を減らす法律もあるのです。 しかし多くの方はその法律のことを知りません。 「自己破産」や「任意整理」「個人再生」という言葉は知っていても、『自分の置かれている立場』や『解決方法』を理解していないのです。 理解していないから『怖い』のです。 こちらでご紹介している『無料診断サービス』は、借金でお悩みの多くの方に、自分の置かれている現状を「まずは気軽に診断してもらう」ことで「はじめの一歩」を踏み出して欲しいと願う弁護士、司法書士の賛同で産まれたサービスです。 借金が減額あるいは帳消しになれば、あなたは今の苦しみから解放されます。 あなたがこの『無料診断サービス』に費用を払う必要は一切ありません。 より良い明日を迎えるために、一人で悩みや苦しみを抱え込まずに、まずはお気軽に使ってみていただければと思います。

最新情報

ページの先頭へ